#6 僕から見れば僕が正しい、君から見れば君が正しい(2012)

MacGuffins公演#6 僕から見れば僕が正しい、君から見れば君が正しい(2012)

いやタイトル長ッッ!!!

笑いました。情報量めっちゃ多いけど全部入るんかいなと。どうにかして入れますけども。なんならいつも以上におさまり良かったですけども。

「楽しい宴会のあとの食器がごちゃごちゃしたテーブルの感じ」という、おもて写真の指示でした。基本ぼっちのわたくしはどこからともなく大人数用の鍋を引っ張り出し、前日の肉じゃがの残りの汁を鍋に注ぎ入れ、一応いっぺん鍋に火を入れるなどしてどうにか楽しい宴会のあとを演出しようとしましたが、撮影しながら大人数の集まりが苦手なわたしは「果たして楽しい宴会とは…」というどうしようもないところに飛んでいってしまいました。人の気配も入れてほしい感じだったのでセルフで入りました。いろいろと心が折れました。「楽しい」「明るい」感じを自然光でどうにか!どうにか!!と奮闘しました。

裏面写真は「おまかせ」だったので、いつか東京に旅したときの夜景を使用しました。元来夜景に感動するタイプの人間ではないうえに「東京の夜景は残業でできている」という名言を横田氏経由で知ってしまい、「東京の夜景」というだけでなんとも切ない感じがいたします。劇団員のほとんどが東京近郊にお住まいなので、この光のどこかに、いるんだろうなあ、と。お芝居のテンション同様、元気に過ごしてらっしゃるといいなあと、三重から念(念?)を送るのでした。